×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

トップイメージ

ゲリラ雨とは...

ゲリラ雨は集中豪雨とも呼ばれています。「ゲリラ」はもともと軍事用語ですが、 「無許可で少人数かつ短時間で行うこと」という意味があることから、限られた地域において 短時間に多量の雨が降る集中豪雨を、最近になりゲリラ雨やゲリラ豪雨と呼ぶようになりました。

気象学ではゲリラ雨に関する明確な定義はありませんが、一般的に直径10キロメートルから数10キロメートルの範囲内で、 1時間に50ミリを超える雨の量を目安にこう呼ばれています。

雨や台風などは天気図によってある程度予測が可能ですが、ゲリラ雨は現在の予報技術では正確に予測することは困難です。 そのため過去にはゲリラ雨への対策が遅れ、大きな被害につながったこともあります。 ゲリラ雨は地形によっては土砂流、崖崩れなどを起こし、河川では増水や氾濫などを招きます。 特に近年は都市化の進行によって、ゲリラ雨の被害は家屋の浸水や道路の冠水にまで及び、 住民の生活に直接関わる被害を出しています。

ゲリラ雨は予測が困難なものの、天気図によって発生しやすい大気状態かどうかを判断することは可能です。 ゲリラ雨が多くなる梅雨末期や台風の季節には、特に毎日の天気予報に気をつけることが大切です。 ゲリラ雨は数時間前には兆しが見えてくるため、テレビやラジオ、インターネットなどで 最新の状況を確認することによって被害を抑えることにつながります。

そして住んでいる地域の地理の特性や、過去の自然災害をあらかじめ把握しておくことも重要なことです。 ゲリラ雨という言葉を、最近よく聴くようになりました。学問の世界では厳密な定義はないそうですが、 一般には直径10キロから数10キロの狭い範囲内で1時間の雨量が50ミリを超えると、このように呼ばれるそうです。 以前から使われているのは集中豪雨という呼び名です。

ゲリラというのは、もともと軍事用語で、「許可なく少ない人数でかつ短時間に行う」という意味です。 ゲリラの戦いは突然、局地的に行われることが多いので、限られた場所で多量の雨が短時間に降ることをゲリラに たとえたのでしょう。

ゲリラ雨への対応は、現在の予報技術が正確に対応していないことから遅れがちです。
このため、大きな被害につながった例は、よくご存知でしょう。

Copyright (C) ゲリラ雨 対策. All Rights Reserved.