×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ゲリラ雨と発生のメカニズム

ゲリラ雨の発生メカニズムは、当初はよくわかりませんでした。
しかし、様々な研究により解明されるようになってきました。ゲリラ雨の発生には、必ず積乱雲の発生が関係しています。 この気亂雲が発生する原因はひとつではありません。

地上付近と上空の温度差が大きくなると、大気の状態が不安定になります。 すると、温度は大気中で同じになろうとするので、熱い空気が上に行こうとします。 そのときに積乱雲が発生しやすくなります。夏は地上の温度が高くなるので、積乱雲が発生しやすくなるのです。 また、雲が発生しやすい条件が重なると更に発達します。

梅雨前線や台風が近づいたりしてくると、大気が不安定になりやすくなります。 こうしてできた積乱雲の中では、上には氷の粒、下には水滴ができます。 下降する気流が発生して雨が降るにつれて、積乱雲は消えていくのです。

ゲリラ雨は、積乱雲が次々と発生し、一箇所に集中的に雨を降らせることにより発生すると考えられているのです。 また、前触れもなく突然激しい雨が降り始めるので、完全に予報することが困難です。 ゲリラ雨は近年増加しているといわれていますが、地球温暖化により、 地球そのものの環境が変化していることが指摘されています。

一方、都市部のゲリラ雨は、ヒートアイランド現象が関係していることが指摘されています。 ヒートアイランド現象は、都市部の温度が上がり、夜でも冷えにくくなるというものうです。 都市はコンクリートの建物が多いことや機械や自動車が多いため、熱をたくさん出したり、 夜間でも活動している人が多いなどが理由です。

つまり、都市部の地表は常に高温なので積乱雲が発生しやすいということが考えられます。 ゲリラ雨の危険と隣り合わせになっているのです。

このゲリラ雨とヒートアイランド現象との関係が注目されています。 人工降雨の研究も行われていますが、実用段階ではありません。 ビルの上に芝生を植えるなど、私たちにできる対策が求められています。

Copyright (C) ゲリラ雨 対策. All Rights Reserved.